脂肪燃焼の作用

脂肪肝の原因について

肝臓に良くないというとアルコールの取りすぎが一番にイメージされます。 しかし、アルコールを飲まない方でも抱えてしまう症状に脂肪肝があります。 肉料理や好きだったり高カロリーな食事を続けていると、中性脂肪が肝臓にたまってしまって、正常な機能を果たせなくなります。 特に年齢を重ねてくると脂肪が蓄えられやすくなりますから、日頃から気をつけておく必要があります。 中性脂肪を減らす努力をして脂肪肝にならないように、食生活を見直してみましょう。 不足している栄養素はサプリメントを活用するなど、今一度健康について考えてみるのがおすすめです。 ビタミンやミネラル、青魚のDHAやEPAなどのサプリは、中性脂肪を減らしてくれたり脂肪が付きにくくなる働きをしてくれます。

肝臓に良いサプリメント

肝臓は食べたり飲んだりしたものを解毒してくれて、代謝する働きをしていますが、許容量を超えるアルコールや高カロリーな食事をしていると、肝機能が弱まったり、中性脂肪がたまって脂肪肝になってしまいます。 日頃からよくお酒を飲んだり、高カロリーな食事をしていたり、栄養バランスが乱れているなら注意しましょう。 お酒を控える、野菜中心の食生活にする、運動をして代謝を上げるなどが、肝臓を元気にするのに効果があります。 また、食事からとりにくい成分はサプリメントを活用しましょう。 しじみに含まれているオルニチンは肝臓の働きをサポートしてくれて、脂肪肝や疲労回復などに効果があります。 二日酔いによいというタウリンも、肝臓の解毒効果を高める作用があります。 これらのサプリメントを上手く取り入れて、肝臓をいたわる生活を送るのが最適です。